パプアニューギニア 2021(スターバックス)

きき酒師あっきーです。

スタバ(starbucks)のパプアニューギニアをいただきましたのでレビューします。
クリアな味わいで穏やかなコーヒー、和菓子と合わせるとおいしそうです。

■ パプアニューギニア 2021(スターバックス)


– 説明
ジャスミンやストーンフルーツを思わせる風味にティーのようなコクを感じる、明るくみずみずしい味わいのコーヒーです。
パブアニューギニア島の高地に広がる肥よくな火山性土壌で育まれました。
ホットはもちろん、アイスやコールドブリューでもお楽しみいただけます。
※ストーンフルーツ:桃、アプリコット、プラム、チェリーなど大きめの種が1つ入っているフルーツ。

– 感想
漉した豆、紅茶の茶葉、淡いロースト香を感じます。
酸味は少なめ、甘味は中程度。
コクは中程度、まろやかさはやや強め。
苦みは少なめ、渋みはやや少なめ

酸味:★☆
甘味:★★☆
コク:★★☆
まろ:★★★
苦味:★☆
渋味:★★

■詳細

販売店 スタバ
コーヒー名 パプアニューギニア 2021
原産地 パプアニューギニア
風味の分類 ブロンドロースト
価格 100g 699円(税込)
URL スタバ HP

■評価
価格:★★★
味:☆☆☆★
(評価基準はコーヒー豆のレビューをごらんください。)
全体的に落ち着いた穏やかな味わいのコーヒーです。
和菓子と相性がよさそうなコーヒーで、特に小豆と合わせてみたいです。
水出しでも飲んでみましたが、水出しのほうがフローラルな香りが楽しめました。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください