ブラジル ファゼンダ バウ イエローブルボン ドライオンツリー 2021(タリーズ)

きき酒師あっきーです。

タリーズ(tully’s)のブラジル ファゼンダ バウ イエローブルボン ドライオンツリーをいただきましたのでレビューします。
自然乾燥(ナチュラル)系に多い風味豊かでコクのあるコーヒーです。

■ ブラジル ファゼンダ バウ イエローブルボン ドライオンツリー 2021(タリーズ)


– 説明
樹上でたっぷりと栄養を吸収し、十分甘みを蓄えた状態で摘み取り、
その後アフリカンベッドでさらに乾燥させ、熟成された味わいに仕上げました。
ブラウンシュガーやカラメルのような甘みの中に、華やかさが感じられるコーヒーです。

すっきり感:★★★
ボディ:★★★☆

– 感想
乾燥した腐葉土に近いコクを思わせる香りとロースト香があります。
酸味はやや弱め、甘味は強め。
コクはやや強めで、まろやかさが強め。
苦みは中程度、渋みも中程度。
コクのある香りの余韻が感じられます。

酸味:★★
甘味:★★★★
コク:★★★☆
まろ:★★★★
苦味:★★☆
渋味:★★☆

■詳細

販売店 タリーズ
コーヒー名 ブラジル ファゼンダ バウ イエローブルボン ドライオンツリー 2021
原産地 ブラジル
風味の分類 ミディアムボディ
価格 100g 625円(税抜)
URL タリーズ HP

■評価
価格:★★
味:☆☆☆★
(評価基準はコーヒー豆のレビューをごらんください。)
去年のイエローブルボンがかなり良かったので、今年は平年なみに戻った感じ。
ナチュラルらしいコクのある味わいと香りが特徴的なコーヒーです。
ドライフルーツなどと合わせて楽しみたいですね。

去年まではパッサという名前でした。
商品名の「パッサ」とは、ポルトガル語でレーズンの意味。
完熟を過ぎ、レーズンのようにやや茶色がかった果実を表している。
水分が無くなる一歩手前のわずかなタイミングを見極め、手摘みで丁寧に収穫した一品。

今年は豆の状況をみて手法を変えたのか、手間がかかりすぎたので、少し早めに収穫して自然乾燥させたのかな?
もしくは名前を変えただけ?機会があったら店舗で聞いてみます。

■ 過去のレビュー
ブラジル ファゼンダ バウ イエローブルボン パッサ 2020(タリーズ)
ブラジル ファゼンダ バウ イエローブルボン パッサ 2019(タリーズ)
2015-2018はみつからず
ブラジル ファゼンダ バウ イエローブルボン パッサ 2014(タリーズ)

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください