飯田橋ブレンド 2019(青海珈琲)

あっき~です。

青海珈琲の飯田橋ブレンドをいただきましたのでレビューします。

■ 飯田橋ブレンド 2019(青海珈琲)


– 説明
産地特定のブラジルをベースに農園指定のグアテマラ、ニカラグアをブレンド。
柔らかな苦味と丸みのある風味と優れたコクが特徴です。

– 感想
少し鰹節のような香ばしい香り。ロースト香が穏やかでよいです。
酸味はすくなめで、甘味は中程度。
コクはやや強めで、まろやかさは中程度です。
苦味は中程度で、渋みも中程度です。

酸味:★★
甘味:★★☆
コク:★★★☆
まろ:★★☆
苦味:★★☆
渋味:★★☆

■詳細

販売店 青海珈琲
コーヒー名 飯田橋ブレンド
原産地 ブラジル、グアテマラ、ニカラグア
風味の分類 ミディアムロースト
価格 100g 650円(税込)
URL 青海珈琲 HP

■評価
価格:★★
味:☆☆☆★
(評価基準はコーヒー豆のレビューをごらんください。)
煎りたて、挽き立てなので香りがしっかりと感じられました。
煎りたてなのでガスが出ているのか、袋がパンパンに膨らんでました。
あけるととてもよいロースト香。

ブラジル系のニュアンスが強めで、マイルドです。
香ばしい香りがあるので、トーストやサンドイッチなどと合いそうです。
万人受けするコーヒーだと思います。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください