ブラジル ファゼンダバウ 2019(タリーズ)

あっき~です。

タリーズ(tully’s)のブラジル ファゼンダバウをいただきましたのでレビューします。

■ ブラジル ファゼンダバウ 2019(タリーズ)


ブラジルファゼンダバウのニュークロップ(新豆)が入荷してたので購入しました。

– 説明
豊かな香り、しっかりとしたボディと酸味が、バランスよく調和した味わいです。
後味に広がる、ナッツのような香ばしい余韻と甘みが特徴のコーヒーです。
ブラジルのパートナー農園で、タリーズが苗から育みました。

すっきり感:★★☆
ボディ:★★★

– 感想
タバコの葉、腐葉土のような香り。
酸味は中程度で、甘味はやや強め。
コクはやや強めで、まろやかさもやや強め。
苦味、渋みともに中程度。
後味がくるみのような風味が残ります。

酸味:★★☆
甘味:★★★☆
コク:★★★☆
まろ:★★★☆
苦味:★★☆
渋味:★★☆

■詳細

販売店 タリーズ
コーヒー名 ブラジル ファゼンダバウ 2019
原産地 ブラジル
風味の分類 ミディアムボディ
価格 100g 525円(税込)
URL タリーズ HP

■評価
価格:★★★
味:☆☆☆
(評価基準はコーヒー豆のレビューをごらんください。)
コクがあり、軽やかなナッツフレーバーで南米あたりのコーヒーにある特性が出てます。
ナッツを利用したお菓子と一緒に味わうとよいでしょう。ナッツ系のクッキーなど。
イエローブルボンよりはこちらのほうが飲みやすく感じました。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください