エルサルバドル パカマラ 2019(スターバックス)

あっき~です。

スタバ(starbucks)のシングルオリジンシリーズ エルサルバドル パカマラをいただきましたのでレビューします。

■ エルサルバドル パカマラ 2019(スターバックス)


– 説明
エルサルバドル モンテカルロス農園で栽培されたシングルオリジン コーヒー
バラやスミレを思わせるフローラルさや甘みが特徴の、繊細でバランスのとれた味わいのコーヒーです。
大きな豆が特徴のパカマラ種は、モンテカルロス農園が世界で初めて栽培したコーヒーです。
自らの大きな葉の陰でゆっくりと熟すため、少量ですがとても風味豊かになります。

– 感想
フローラルな紫色の花のような香り、少しクローブのようなスパイス感もあります。
酸味はやや弱めで、甘味はやや強め。
コクはやや強めで、フローラルな風味が口いっぱいに広がります。
苦味はやや弱めで、渋みもやや弱めです。

酸味:★★
甘味:★★★☆
コク:★★★☆
まろ:★★★☆
苦味:★★☆
渋味:★★☆

■詳細

販売店 スタバ
コーヒー名 エルサルバドル パカマラ 2019
原産地 エルサルバドル
風味の分類 ミディアムロースト
価格 100g 659円(税込)
URL スタバ HP

■評価
価格:★★
味:☆☆☆☆
(評価基準はコーヒー豆のレビューをごらんください。)
コクのバランスがすばらしい、フローラルなコーヒーです。
ワッフルにハニーシロップをかけて一緒にいただきたいです。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください