マンデリンG1リントン バタックランド 2019(タリーズ)

あっき~です。

タリーズ(tully’s)のマンデリンG1リントン バタックランドをいただきましたのでレビューします。

■ マンデリンG1リントン バタックランド 2019(タリーズ)

– 説明
インドネシア リントンエリア産のシングルオリジンビーンズです。大地のような香りと力強いコク、さらに、濃厚なバターを感じさせる深みのある味わいをご堪能いただけます。
まずはブラックでお召し上がりください。” マンデリン ” ならではの、奥行きのある風味とボディを存分に楽しめます。

すっきり感:★★
ボディ:★★★★

– 感想
タバコの葉、枯葉、腐葉土、ハーブのような香り。
酸味はやや弱め、甘味は中程度。
コクはやや強めで、枯葉のような香りが強めです。
苦味は中程度、渋みはやや強めです。

酸味:★★
甘味:★★☆
コク:★★★☆
まろ:★★★☆
苦味:★★☆
渋味:★★★☆

■詳細

販売店 タリーズ
コーヒー名 マンデリンG1リントン バタックランド 2019
原産地 インドネシア
風味の分類 フルボディ
価格 100g 625円(税込)
URL タリーズ HP

■評価
価格:★★
味:☆☆☆
(評価基準はコーヒー豆のレビューをごらんください。)
大地を感じさせるコーヒーです。
インドネシア系の特性が出ています。
キャラメルなどのコクのある味付けが相性がよさそうです。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください