炭火珈琲 2019(ドトール)

あっき~です。

ドトール(Doutor)の炭火珈琲をいただきましたのでレビューします。

■ 炭火珈琲 2019(ドトール)


– 説明
吟味されたコロンビア、ブラジル産生豆を中心にブレンドし、備長炭でじっくり煎りあげました。
炭火の遠赤外線効果により極深煎コーヒーでありながら、マイルドな苦味に仕上がっています。
炭火焙煎ならではの独特の香ばしさと深みのある味わいをお楽しみください。

甘味:★★
酸味:★
苦味:★★★★★

– 感想
炭火焙煎らしい、独特な風味があります。
酸味は弱く、甘味は中程度。
コクはかなり強めで、苦味や渋みはやや強め。
チョコレートのような余韻が長く残ります。

酸味:★☆
甘味:★★☆
コク:★★★★☆
まろ:★★★★☆
苦味:★★★☆
渋味:★★★☆

■詳細

販売店 ドトール
コーヒー名 炭火珈琲
原産地 マルチリージョン(コロンビア、ブラジル、他)
風味の分類 イタリアンロースト
価格 200g 1310円(税込)
URL ドトール HP

■評価
価格:★★
味:☆☆☆☆
(評価基準はコーヒー豆のレビューをごらんください。)
マイルドな口当たりで、コクと苦味が中心です。
極深煎ですが、飲みやすく仕上がっています。
日々飲むには濃すぎますが、たまに味わうにはいいコーヒーです。
深煎りのコーヒーの中では好きな味わいでした。
チョコレートとあわせると良い味わいなので、バレンタイン時期には良いでしょう。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください