キリマンジャロ 2019(ドトール)

あっき~です。

ドトール(Doutor)のキリマンジャロをいただきましたのでレビューします。

■ キリマンジャロ 2018(ドトール)


– 説明
アフリカ大陸最高峰のキリマンジャロ山。その山の裾野に広がるタンザニアの山岳地帯は、
アフリカを代表するコーヒーの産地です。
ドトールのキリマンジャロは、すっきりとした切れのある味が特徴。
爽やかな香りとのどごし、やわらかな酸味を楽しんでいただきたいコーヒーです。

甘味:★★
酸味:★★★★★
苦味:★★

– 感想
強めのハーブの香りがあります。
明るめの酸味でやや強め、甘味はやや控えめ。
コクは中程度で、まろやかさも中程度。
少しオレンジピールの風味と、チョコレートの粉のような風味が感じられます。
苦味は中程度、渋みがやや強めです。

酸味:★★★☆
甘味:★★
コク:★★☆
まろ:★★☆
苦味:★★☆
渋味:★★★

■詳細

販売店 ドトール
コーヒー名 キリマンジャロ
原産地 タンザニア
風味の分類 ミディアムロースト
価格 200g 870円(税込)
URL ドトール HP

■評価
価格:★★★★
味:☆☆☆
(評価基準はコーヒー豆のレビューをごらんください。)
オレンジピールやハーブのような個性的な風味があります。
後味でやや長めの苦味が感じられます。

かぼちゃやサツマイモ系のお菓子とあわせるとよさそうです。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください