グアテマラ トードサンテリタ 2018(タリーズ)

あっき~です。

タリーズ(tully’s)のタリーズカッパーリザーブコレクション グアテマラ トードサンテリタをいただきましたのでレビューします。

■ グアテマラ トードサンテリタ 2018(タリーズ)

– 説明
赤ワインを思わせるフローラルで芳醇なアロマをもち、力強く濃厚な味わいが特徴です。
バターやクリームをたっぷり使ったスイーツとのペアリングがおすすめです。

すっきり感:★★☆
ボディ:★★★★

– 感想
少しスパイシーで、枯葉のような香りがあります。
酸味は中程度で、甘味はやや強め。
コクは強めで、まろやかさはかなり強めです。
クリーミーかつカカオ感を感じます。
苦味や渋みはやや弱めでした。

酸味:★★☆
甘味:★★★☆
コク:★★★★
まろ:★★★★★
苦味:★★
渋味:★★

■詳細

販売店 タリーズ
コーヒー名 グアテマラ トードサンテリタ 2018
原産地 グァテマラ ウエウエテナンゴエリア トードサンテリタ農協
風味の分類 ミディアムボディ
価格 100g 615円(税込)
URL タリーズ HP

■評価
価格:★★
味:☆☆☆
(評価基準はコーヒー豆のレビューをごらんください。)
個性のつよいコーヒーでした。
特にバターやクリームのようなコクが特徴的でした。
ショートケーキやバターサンドなどが相性がよさそうです。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください