リザーブ/ボリビア ソル デ ラ マニャーナ 2018(スターバックス)

あっき~です。

スタバ(starbucks)のリザーブ/ボリビア ソル デ ラ マニャーナをいただきましたのでレビューします。

■ リザーブ/ボリビア ソル デ ラ マニャーナ 2018(スターバックス)


– 説明
ほのかなフローラルの香りとみずみずしい酸味、レモンとパパイヤのような風味を感じられるコーヒー
ボリビアのコーヒー産業の再興を目指し生産者を支援する取り組み、「ソル デ ラ マニャーナ プログラム」から生まれたコーヒーです。

– 感想
黄色い花や完熟したレモン、少しカカオのような風味。
酸味はやや強めで、甘味は中程度。
コクはやや弱めですが、上品なコクを感じます。
苦味は少なく、渋みも少ないです。

酸味:★★★☆
甘味:★★☆
コク:★★
まろ:★★☆
苦味:★☆
渋味:★☆

■詳細

販売店 スタバ
コーヒー名 リザーブ/ボリビア ソル デ ラ マニャーナ 2018
原産地 ボリビア
風味の分類 ブロンドロースト
価格 100g 1,120円(税込)
URL スタバ HP

■評価
価格:★
味:☆☆☆☆
(評価基準はコーヒー豆のレビューをごらんください。)
ライトな味わいですが、コクが上品でシルキーな印象でした。
とてもおいしいコーヒーでした。
上品な和菓子、生菓子などとあわせるとおいしそうです。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください