コロンビア ウィラ 2018(スターバックス)

あっき~です。

スタバ(starbacks)のシングルオリジンシリーズ コロンビア ウィラをいただきましたのでレビューします。

■ コロンビア ウィラ 2018(スターバックス)


– 説明
リンゴを思わせるみずみずしさと酸味、ミルクチョコレートのような甘みが特徴の、コロンビア ウィラ県産のコーヒー
アンデス山脈の火山と切り立った山々の間を流れるマグダレナ川の地勢と微気候が、コロンビア ウィラ県ならではの味わいを生み出します。
コロンビア マニザレスにはスターバックスのファーマーサポートセンターがあり、生産者と一緒にコーヒー豆の品質向上に取り組んでいます。

– 感想
ハーブのような風味、ナッツ系の香りです。
酸味は中程度、甘味はやや強め。
コクは強めで、まろやかさはやや強め。
苦味はやや強めで、渋みもやや強めです。
余韻でミルクチョコレートのような風味とナッツのような香ばしい風味があります。

酸味:★★☆
甘味:★★★
コク:★★★★
まろ:★★★☆
苦味:★★★☆
渋味:★★★☆

■詳細

販売店 スタバ
コーヒー名 コロンビア ウィラ 2018
原産地 コロンビア
風味の分類 ミディアムロースト
価格 100g 658円(税込)
URL スタバ HP

■評価
価格:★★
味:☆☆☆
(評価基準はコーヒー豆のレビューをごらんください。)
ミディアムと書いてありましたが、割と濃い目の味わいでした。
ミルクチョコレートのような風味があるので、チョコレートとの相性がよいです。
少しナッツの風味もあるので、クランチチョコレートなどがよりおいしいかと思います。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください