初心者がおいしいコーヒーを作るための3つのポイント

きき酒師 あっきーです。

今週のテーマは、「初心者がおいしいコーヒーを作るための3つのポイント」です。

結論は新鮮な豆を使い、浄水器を利用し、コーヒーメーカーで作るです。

新鮮な豆を使う


コーヒーショップで豆を挽いてもらうと手軽に飲めます。
豆はローストしてから酸化が進みますので、早めに飲むほうがオススメです!
挽いた状態だと1週間以内に飲みきったほうがおいしいです。

出来れば、豆を挽いたものを購入するのではなく、豆のまま購入し、コーヒーを入れる直前に豆を挽いて飲んだほうが香りがしっかりと出ます。
豆を挽く機材によって、豆の細かさが変わるので、安定した味わいにするには慣れが必要と

浄水器を利用する


私はブリタを利用していますが、水の中に含まれている不純物を取り除くことでおいしいコーヒーができます。
水道水を使うよりも、まろやかな口当たりになり、コーヒーの味も出ていると感じます。

お水を汲むのは、飲む直前に行いましょう。なるべく新鮮なものがよいです。
また、朝一の水道の水は前日から使っていない水なので、30秒程度は流してから汲むようにしましょう。
日本の水は軟水なので、酸味を強く感じやすいそうです。

水に関する情報は、https://mizunosusume.jp/coffee-water-1181をご覧ください。

コーヒーメーカーで作る

私はコーヒーを作る際は、コーヒーメーカーをお勧めいたします。
温度が適正に管理され、ドリップのスピードも調整され、セットすれば自動で作りあがる手軽さ、後片付けも簡単であることが理由です。

ハンドドリップやフレンチプレス、ネルドリップなど様々な方法がありますが、時間のあるときにコーヒーの研究のために使うとよい機材だと思います。
まずはコーヒーメーカーを使って、そこから様々な作り方と比較することをオススメします。

—–

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください